第7回クソゲーコンテスト開催@東京

第7回クソゲーコンテスト開催@東京

こんにちは、人事の岡林です!
Aimingでは1年に1回くらいの頻度で「クソゲーコンテスト」というイベントを行っています。
今回は東京で第7回クソゲーコンテストが開催されましたので、
現場の空気感を少し伝えられたらと思いブログを発信します。

クソゲーコンテストとは

イベントの趣旨としては、
「業務に関係なく有志でクソゲーを作って楽しく発表しましょう。
できればこれを機に新しいゲームエンジンとかをイジってみましょう。
クソゲーオブクソゲーには経営陣やマネージャーから賞が出るよ。」というものです。
復習の意味で業務で使った技術を別の形でアウトプットしたり、
普段仕事では使わないような技術に触れ、常に高いアンテナを持ちましょうという目的があります。

ですのでクソゲーコンテストという強烈なタイトルですが、
毎回業務外の限られた時間で作成したにも関わらず
大変面白いゲームを皆さん持ち寄ってくるのが特徴です。

今回のテーマ

『インスタ映え』or『跳ねる』このどちらかをテーマに、
でもテーマに沿っていなくとも別に不問 というゆる~い縛りがあります。
『インスタ映え』のテーマが少し難しく、今回の参加者は『跳ねる』を選択する人が多かったです。

やむなく会場をインスタ映え仕様にし、もうひとつのテーマを表現することにしました。

発表されたゲームを一部ご紹介

今回の参加者は7名です。飛び入り参加の方もいました!
社長賞、COO賞、開発マネージャー賞、経営管理マネージャー賞の
4つの賞を奪い合う形になります。50%以上の確率で何かしらの賞が
もらえるかも・・・!ということで発表者も気合が入ります。
業務外の会らしく、これらの賞はすべてそれぞれのポケットマネーから用意されます。

社長賞を受賞したのはこちらの作品。
何とクソゲーコンテスト用にハードから自作してしまう猛者です。
見事Amazonギフト券をGETされました。

COO賞は、お相撲さんが跳ねて相手のお相撲さんを場外へ突き落すゲーム。
動いているのを見るととっても可愛いんですよ。
賞品はお肉の目録です。美味しいお肉を召し上がってください!

開発マネージャー賞は、線を引いてそのうえでボールを跳ねさせるという
少しプレイする側の技術が必要な作品。ちなみに思い立って3日で作ったそうです。
賞品はその日に発売されたばかりのSwitchLiteとお好きなソフト一本。
受賞スタッフはその週末念願のゼルダを買って三連休で遊び尽くしたとか。

経営管理マネージャー賞は、シャカシャカポテトを作るゲーム。
袋の中に入れて物理的にスマホを「跳ねさせる」という荒業です。
パナソニック目元エステ&専用アロマが賞品です。いつも開発で疲れた目元を癒してください。

そのほかも素晴らしいゲームの発表があり、開発期間を含め大変有意義な時間になりました!

まとめ

今回のクソゲーコンテストもレベルが高く、会場は大変盛り上がりました!

Aimingでは不定期に有志開催の勉強会やこういった開発コンテストを行っています。
もし、この記事を読んで興味を持った方がいたら、会社見学やイベント参加で是非一度遊びに来てみてください!
エンジニアと会って技術の話をするためのmeet upイベント等も随時開催しております。
以上、東京開催第7回クソゲー開発コンテスト報告でした。

社内イベントカテゴリの最新記事